室井摩耶子さんのwikiプロフ!経歴や学歴・結婚(旦那)は子供は?

バイオリニスト千住真理子さんが尊敬する音楽家98歳現役ピアニスト室井摩耶子(むろい まやこ)さんがどういった方なのか非常に気になりましたので、「室井摩耶子さんのwikiプロフ!経歴や学歴・結婚(旦那)は子供は?」と題して紹介していきます。

調べれば調べるほど、室井摩耶子さんが凄いお方だったことがわかってきました♪

室井摩耶子さんのwikiプロフや学歴

引用先:http://naks.biz

名前:室井摩耶子(むろい まやこ)
生年月日:1921年4月18日
出身:不明(おそらく東京都)
最終学歴:東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)
ベルリン大学に留学

1921年、東京生まれ。6歳よりピアノを始める。41年、東京音楽学校(現・東京藝術大学)を首席で卒業。45年、ソリストとしてデビュー。56年、モーツァルト「生誕200年記念祭」に日本代表としてウィーンに派遣される。60年、世界最高峰ケンプ教授の推薦でベートーヴェンを4曲並べたリサイタルをベルリンで開催。まれに見る好評でヨーローッパにおける地位の第一歩を築いた。64年にはドイツで出版された「世界150人のピアニスト」で紹介。80年に帰国後も日本を代表する名演奏家として活躍している。

室井摩耶子さんの経歴

室井摩耶子さんの経歴が本当に凄くて、歴史の深さを知ることが出来ます。

室井摩耶子さんがピアノを始めたのは6歳の時。6月6日に始めたそうです。

引用先:newstokyo.jp

ご両親が「今の時代はお琴でもないからピアノを」ということで、1927年にご両親がピアノを買ってくれたと室井摩耶子さんが語っています。

1927年当時、高級料理と言われたカレーライスが1杯10~12銭。タクシー料金(東京市内)1円だったころ、1927年創業の旭堂楽器店でのピアノの店頭販売価格 180,000円ですから、いかに裕福な家庭で育ったのかが想像出来ますね。

さらに室井摩耶子さんは小学校の卒業文集に「私は世界的なピアニストになって、世界を演奏して回りたい」と書いていたというから驚きです。

幼少のころからピアノの英才教育を受け、1941年『東京音楽学校』(現:東京藝術大学)を首席で卒業。その後は研究科に進みます。

1943年に研究科を修了すると、1945年にはソリストとしてデビュー。1956年、モーツァルトの『生誕200年記念祭』に日本代表としてウィーンは派遣され、同年に『ベルリン音楽大学』に留学。

この時期からプロのピアニストとして活動をしていく室井摩耶子さんですが、プロとしての自覚や振る舞いなど、日本には無い習慣を目の当たりにし、その環境に慣れるまでが大変だったそうです。

30ちょっと過ぎですね。ベルリンで演奏会をしたら評判がよかったので、マネージャーがついたの。

ところが、向こうの生活は厳しくてね。プロになった時にマネージャーが言うには、「あなたは今日から学生じゃない、プロなんですよ。だから地方に行ってもそこらのペンションに泊まってはいけません。一級中の一級のホテルに泊まりなさい。屋根裏部屋だっていいんです」。どこに泊まっているかと聞かれた時、一級中の一級のホテルに泊まっているということが大事だと。

着るものもアクセサリーも、ハンドバッグも、何もかもちゃんとしたものを持っていないとだめだって言うの。そうじゃないと本当のプロにはなれませんって。そういうことの必然性を演奏旅行でさんざん教わりました。引用先:newstokyo.jp

そして、数々のコンサートやツアーをしていく中で、1964年ドイツ出版の『世界の150人のピアニスト』として紹介されます。

室井摩耶子さんが43歳の時です。

そして1980年に帰国。

その後は国内で多数の演奏活動を、今現在も年に2回程コンサート(リサイタル)を開催されるなど、今なお現役で活躍されています。

室井摩耶子さんの結婚(旦那)は子供は?

室井摩耶子さんは現在まで独身を貫いています。

これまで結婚をしたいと思える方はいたそうですが、結婚までのご縁がなく、また、プロポーズなども受けたことがあったそうですが、その時も最終的にはご縁がなかったということです。

今までピアノ一筋だった人生について、こんなコメントを残されています。

「改めて弾いてみて、こういうことだったのかという発見をする喜び、その喜びはもの凄く大きいから後悔なんてしないですよ」

なんか、98歳の現役ピアニストが言う言葉ですから、重みがありますね。

現在お住まいの自宅は89歳の頃に2階建て、エレベーター付きの家を新築し、建築費は一括払いだったそうです。一括払いです。一括。凄いですね^^;

まとめ

  • 1921年、東京生まれ。6歳よりピアノを始める
  • 東京音楽学校を首席で卒業
  • 1956年代にプロのピアニストへ
  • 1980年に帰国

ピアニストという枠以前に、日本の音楽家のパイオニア的存在だった室井摩耶子さん。

これからもコンサートはおこなっていくそうですから、本当にお元気で凄い方だなと頭が下がります。

引き続き、室井摩耶子さんを応援していこうと思います。

室井摩耶子さんの元気の秘訣が「お肉」だった?
人生が変わる1分間の深イイ話・室井摩耶子さん元気の秘訣は肉食女子だった!
2019年5月27日(月)21時00から放送の人生が変わる1分間の深イイ話/しゃべくり007にバイオリニストの千住真理子さんが尊敬する音楽家で98歳の現役ピアニスト室井摩耶子さんの自宅を訪問します。 室井摩耶子さんがなぜ?こんにも元気でピ...
タイトルとURLをコピーしました