前田祐二さんの生い立ちが壮絶だった!家族構成や経歴、学歴や年収を徹底調査

石原さとみさんとお付き合いをされているSHOWROOM代表取締役の前田祐二さん。

一時は「破局か?」と報道もされていましたが、2人の交際は今でも順調だとか。それどころか、結婚に向かって着々と準備を進めていると言うお話も出て来ています。

そんな前田祐二さんですが、ここに来るまでの人生が壮絶だったことをご存知でしょうか?

幼い時には兄と2人だけの生活を強いられていた前田祐二さんのその生い立ちから家族構成年収経歴学歴までを紹介します!

前田祐二プロフィール

名前:前田裕二(まえだゆうじ)
生年月日:1987年6月23日(2019年現在33歳)
出身地:東京都

パッと見た感じはちょっと苦手なタイプに見ました^^;
なんて言うんでしょうか。お付き合うする女性はひとりやふたりじゃないでしょ?っていう感じに見ました。

でもですね。色々と調べていくうちに、見た目とは違う前田祐二さんがそこにはいたのでかなり驚きました。

そのギャップに石原さらとみさんが惹かれていったかも・・・しれませんね。

見た目の話はさておき、まずは学歴や経歴を見ていきましょう!

前田裕二の出身高校は?

引用先:fukagawa-h.metro.tokyo.jp

 

前田祐二さんのの出身高校
東京都立深川高等学校です!

偏差値は57ですから頭が良い学校ですね。

近年は普通科に加え、普通科外国語コースが加わり、その他にも進学校として力を入れている高校です。

卒業生の中には女優のさつきみどりさんや、鈴木光枝さん。6代目三遊亭円楽師匠などがおられますね

勝手な偏見でしたが、お金持ちの方が行くような高校かと思っていましたが都立高校ですから、ちょっとびっくりです。

個人的には、かなりの親近感を持ってしまいました^^

前田裕二の出身大学は?

前田裕二さんの出身大学
早稲田大学の政治経済学部です!

偏差値は67.5~70の超難関ですね。

早稲田大学に入る決めてになったのはお兄さんとの関係が強くあったそうです。それがなれければ早稲田大学には入っていなかったと言っても過言ではないでしょうね。

早稲田大学の看板学部である政治経済学部に現役合格していますからかなりの学力を有していたことは想像がつきます。

現役で早稲田政治経済学部に入学出来たのは、お兄さんとの関係のおかげで一念発起したそうですから。この話はのちほど詳しく説明しますね♪

早稲田大学の卒業生には、

内野聖陽さん(俳優)
市川紗椰さん(モデル)
吉田照美さん(フリーアナウンサー・タレント)
久米宏さん(キャスター・フリーアナウンサー)
乙武洋匡さん(作家・タレント)

など、の一度は名前を聞いたことのある有名人の方々が卒業しています。

前田裕二の社会人経歴は?

早稲田大学の政治経済学部を卒業後、前田裕二さんはどの様な経歴を辿ったのでしょうか?

2010年 – UBS証券会社入社
2011年 – UBS Securities LLCに移り、ニューヨークで北米機関投資家に対して株式セールス/アドバイザリー業務に従事
2013年 – 株式会社ディー・エヌ・エーに入社
2013年 – ライブストリーミングサービスSHOWROOM(ショールーム)を立ち上げる。
2015年 – 当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立

SHOWROOMを立ち上げにはDeNAの南場智子社長にスカウトされたことがきっかけだそうです。そしてその2年後に独立。

このころからSHOWROOMのブームが始まります。

あのライブストリーミングサービスですね。

ざっくり説明すると、個人で気軽に投稿できる動画配信型サービスですね!

ほんとに流行りましたし、今でも約10種類のカテゴリーが用意されていて、そこには色々な方が動画を配信しています。

現在ではその「ユーザー」の数は150万人ほど。

配信動画には約10種類のカテゴリーが用意されていて、そこには色々な方が動画を配信しています。

配信者はその視聴者から投げ銭というシステムで『ギフト』を受け取ることができ、SHOWROOMを通して月1000万円を稼ぐ方もいるそうです。

凄いですよね~。

前田裕二の生い立ち 家族構成や兄の存在は?

深川高校から一念発起して早稲田大学に進み、そこからSHOWROOMを立ち上げ、配信動画型サービスで一躍時の人となった前田祐二さんですが、その生い立ちが壮絶だったんです。

家族構成は



前田さん

の4人家族。

お父さんは前田祐二さんが物心が付いた頃にはいなかったようです。ですからお母さん一人で育てられたそうですが、そのお母さんも前田祐二さんが8歳の頃に亡くなられます。

そして兄と2人で親戚の家を転々としますが、最終的に兄と前田祐二さんとの2人暮らしが始まったということです。

そんな前田祐二さんがこれまでの人生を決める大きな転機となった事件がおきます。

前田祐二さんは一時期、グレた時があったみたいで、警察沙汰になったそうです。それがきっかけでお兄さんを深く悲しませてしまい、前田祐二さん自身は深く反省したそうです。そこから一念発起して早稲田大学を目指し、入学しました。

この時の心境は、本当に辛かったと思います。深い悲しみや色々な出来事が前田さんの心を埋めることはなかったのでしょうね。

しかし、最後は兄の愛情をしっかりと受け止めることが出来た前田さん。
本当に良かったですね。

前田裕二の生い立ち早稲田大学卒業からSHOWROOM時代

早稲田大学に入学した前田裕二さんは世界中を旅してまわります。かなりの数を回ったそうですが、その海外渡航費は、路上ライブで稼いだそうです。

この時のことについて前田祐二さんは、小学5年生の時、お世話になっていた家の人からアコースティック・ギターをもらい、それで路上ライブをおこなうようになりました。最初は人が寄って来ませんでしたが、その理由を考え工夫を重ね、次第に尽き10万を稼ぐまでになったんです。と話しています。

小学生の時に、お客さんと歌い話すことでコミュニケーションが出来ること、コミュニケーションの大切さを学んだそうです。

早稲田大学卒業後は外資系の銀行に入社。そしてニューヨークで数千億円~数兆円規模の資産を運用するファンドに対してアドバイザーをおこないます。

その後、DeNAの南場智子社長にスカウトされSHOWROOMを立ち上げます。さらにその2年後にはSHOWROOMで独立。

現在はSHOWROOMの代表取締役をされています。

前田祐二さんの年収は?

これまで前田祐二さんの生い立ちや学歴、経歴などを紹介してきましたが、さらにきになるのは年収ではないでしょうか?

実は、前田祐二さんが代表取締役を務めているSHOWROOMは近年赤字続きなんです。

 

9,817万円の赤字。利益剰余金マイナス2億3,061万円。負債4億円。

赤字なんて以外ですよね?

ただ、それでもテレビ出演や著書の出版、SHOWROOMでの収益などを合わせてると年収1000万以上はあるでしょうね。

個人収入(印税)、これが大きいでしょうね。

前田祐二さんのまとめ

  • 幼少期は父親不在、8歳で母を亡くす
  • 兄と2人暮らしが始まる
  • 東京都立深川高校卒業
  • 早稲田政治経済学部卒業
  • DeNAの南場智子社長にスカウトされSHOWROOMを立ち上げ
  • SHOWROOM代表取締役

いかがでしたでしょうか?

見た目や現在の前田祐二さんを知る限り、このような壮絶な人生を送っていたとは知る余地もありませんでした。

今回、色々と調べていた中で印象的だったのは、「稼ぐための行動力」です。小学生の頃にはすでに駄菓子屋で働かしてくれと直談判したそうですから、このあたりのことを考えても稼ぐための行動力はいかにスピーディーにおこなうか?これだなと感心しました。

そして最後にお兄さん。現在は幸せなご家庭を築いておられますから本当に良かったなと心から思っています。

タイトルとURLをコピーしました