青木篤志が首都高でバイク事故・現場は原因は?出身高校や経歴は?

2019年5月に4度目となる同団体の世界ジュニアヘビー級王者に返り咲いた、プロレスラー青木篤志さんが、5月3日午後10時半ごろ、東京都千代田区北の丸公園の首都高速都心環状線外回りで、バイクが側壁に衝突する単独事故を起こし、お亡くなりになりました。

突然の急逝に、ただただ、ショックと驚きです。

あまりにも早すぎる突然の別れに、プロレスファンや青木さんと交流のあった方から続々と追悼の声が寄せられています。

青木篤志(プロレスラー)が首都高でバイク事故?事故の現場は?

3日午後10時半ごろ、東京都千代田区北の丸公園の首都高速都心環状線外回りで、バイクが側壁に衝突する単独事故があった。運転していた川崎市宮前区のプロレスラー、青木篤志さん(41)が病院に搬送されたが、死亡が確認された。

警視庁高速隊によると、現場は2車線の右カーブのトンネル出口付近で、青木さんは三宅坂ジャンクション(JCT)から竹橋JCT方面に走行中だった。青木さんはヘルメットを着用していて目立った外傷はなく、警視庁は死因や詳しい事故原因を調べている。

高速道路での単独事故。目立った外傷が無いということですから、もしかしたら、運転中に何かしらの病気が発症したかもしれません。

プロレスラー青木篤志さんが事故死・告別式は葬儀はいつ?お別れ会や偲ぶ会は?
大変ショックな事故が怒りました。 プロレスラー、青木篤志さんバイクを運転中、単独事故により病院に搬送されましたが、お亡くなりになりました。 突然のことでショックを受けた方も多かったはずです。 6月3日の青木篤志さんのツイッターには「無...

事故現場

青木さんは三宅坂ジャンクション(JCT)から竹橋JCT方面に走行中だったそうです。

青木篤志さん(プロレスラー)の出身高校や経歴

プロレスラー青木篤志さんは「東京実業高等学校レスリング部」出身で元自衛隊員をされていました。

青森第5普通科連隊時代の2000年には、全国社会人オープンレスリング選手権大会69kg級で優勝のあと、2005年5月、プロレスリング・ノアに入門。

秋山準さんの付き人となりました。

リングネーム:青木 篤志
本名:青木 篤志
生年月日:1977年9月25日
出身:東京都大田区
ニックネーム:青き閃光
身長:170cm
体重:85kg
出身高校:東京実業高校卒業
死亡日 2019年6月3日(41歳没)
スポーツ歴 レスリング
全日本プロレス所属
トレーナー 秋山準 小川良成
デビュー 2005年12月24日

個人的には、、世界最強タッグ決定リーグ戦出場を果たし、ジュニアヘビー級同士のタッグでありながら、超ヘビー級戦士たちを相手に一歩も引かない戦いを見せたあの試合が凄かったのを覚えています。

近年は、2019年5月に4度目となる同団体の世界ジュニアヘビー級王者に返り咲き、これからだったので、本当に無念です。

さいごに

首都高速道路での単独事故。

本当に残念でなりません。

心からご冥福をお祈りします。

タイトルとURLをコピーしました