駅伝大会で驚異の22人抜きの怪物高校生を調査!【炎の体育会TV】

2019年5月25日(土)19時00から放送される炎の体育会TVに箱根駅伝マスク・ド・ランナーのコーナーで「駅伝大会で驚異の22人抜きの怪物高校生」が出演されます。

この駅伝大会で驚異の22人抜きの怪物高校生が誰なのか?調査しましたので紹介します!

マスク・ド・ランナーは滝沢愛弥さんです

色々と調べた中で、「駅伝大会で驚異の22人抜きの怪物高校生」でヒットしたのは、滝沢愛弥(たきざわまなや)さんでした。

滝沢愛弥さんは現在高校1年生です。

一般の方ですから、プロフィールや経歴といった詳細はわからなかったです。

将来を有望されている滝沢愛弥さんですから、今後、色々な情報が出てくると思いますので、その都度、追記をしていきます。

全国都道府県男子駅伝で22人抜きの快挙!

2019年1月20日に広島県で「天皇盃」第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会が開催され、滝沢愛弥さんは栃木県の代表として2区を担当。

1区の樋口翔太選手から35位でバトンを渡されると、そこからなんと驚異の22人抜き!

3キロを8分36秒で走りきる快挙となりました。

最終的に13位まで浮上して、3区の梶谷瑠哉選手にバトンを渡しました。

全国都道府県男子駅伝は、高校生や中学生、一般社会人が一緒になって走る競技ですから、当時15歳の滝沢愛弥さんの激走は、本当に凄い記録となりました。

引用先:http://www.hiroshima-ekiden.com/information/pdf/record24.pdf

さいごに

高校生となった滝沢愛弥さんが、この先、どういった走りをしていくのか?このあたりも非常に気になりますので、引き続き、滝沢愛弥さんを応援していこうと思います。

炎の体育会TVに箱根駅伝マスク・ド・ランナーのコーナーも楽しみですね^^

タイトルとURLをコピーしました