クリストフ・ルメートルのwikiプロフや経歴!成績や最高タイムを調査!


2019年5月11日(土)18時55分から放送される炎の体育会TV!世界の金メダリスト集結&心臓破りの坂激走SP!で、陸上の現役世界最強マスクマンが参戦しますが、どうやらそのマスクマンがクリストフ・ルメートル選手らしいです。

ということで、クリストフ・ルメートル選手のwikiプロフや経歴!顔写真(画像)を集めましたので紹介します。

『炎の体育会TV』5/11(土) 世界の金メダリスト集結&心臓破りの坂激走SP!!【TBS】

 


クリストフ・ルメートル選手のwikiプロフは?

国籍:フランス

生年月日:1990年6月11日(2019年現在28歳)

身長:189㎝

体重:74㎏

短距離走者

自己ベスト:100m 9.92秒

以上がクリストフ・ルメートル選手の簡単なプロフィールになります。

クリストフ・ルメートル選手の経歴は?

調べれば調べるほど凄い選手でした。まずは成績から紹介します。

成績

2007年 世界ユース選手権100m4位・200m5位
2008年 世界ジュニア選手権200m優勝
2009年 欧州ジュニア陸上競技選手権大会100m優勝
ベルリン世界選手権100m失格・4×100mリレー8位
2010年 ヨーロッパ選手権100m・200m・4×100mリレー優勝(三冠)
2011年 大邱世界選手権100m4位・200m3位・4×100mリレー2位
2012年 ロンドンオリンピック200m6位・4×100mリレー3位
2013年 モスクワ世界選手権100m7位
2014年 ヨーロッパ選手権100m2位・200m2位・4×100mリレー3位
2015年 北京世界選手権100m準決勝敗退・200m準決勝敗退・4×100mリレー5位
2016年 リオデジャネイロオリンピック100m準決勝敗退・200m3位
2017年 ロンドン世界選手権200m準決勝敗退・4×100mリレー5位

経歴

2010年白人選手としては史上初めて100m9秒台をマークし、さらに2016年リオデジャネイロ五輪では200m銅メダルを獲得しています。

名実ともに世界トップクラスの選手です。

写真を見ても分かるように美男子で海外でも人気の高い選手ですが、日本のアニメ・ゲームが大好きという意外な一面もあります。

2014年5月に行われた、ゴールデングランプリ東京で5度目の来日を果たしている。この際の陸上競技マガジンのインタビューで「小さい頃はドラゴンボールをよく見ていた。GTOやNARUTOも好きで、ゲームではファイナルファンタジーシリーズを全てプレーしている」と語っており、5度目の来日にして初めて秋葉原に行った際は、ファイナルファンタジーVIIのグッズを購入している

ルメートル選手はフランスのキュロズという街の出身です。

イタリアとフランスを結ぶフレジュス鉄道が有名な場所ですね。

ルメートル選手が短距離を始めたきっかけが「突然誘われた50m走」。

いきなりの参加だったにも関わらず、好タイムを出し、2006年には本格的に陸上競技を始め、アスリートクラブであるAthlétique Sport Aixoisに所属します。

2008年には世界的に頭角を現し、100mは10.26まで記録を伸ばします。そしてルメートル選手の名を一躍有名にしたのが世界ジュニア選手権。

200mではなんと世界ジュニア選手権で金メダルを獲得してしまいます。

クリストフ・ルメートル選手の最高タイムは?

60m 6秒55
100m 9秒92
200m 19秒80

さいごに

近年の走りは、2017年ロンドン世界選手権では200mに出場。準決勝敗退に終わっています。

彼の勇姿が見られたのはこれが最後となりましたが、体育TVで久しぶりに見られますので楽しみですね^^

タイトルとURLをコピーしました