京マチ子さんのプロフィールは経歴!偲ぶ会やお別れ会はいつ?

映画『羅生門』『雨月物語』など数々の名作に出演した女優京マチ子さんが5月12日午後12時18分、心不全のため都内の病院で死去されました。95歳。

葬儀は5月14日におこなわれましたが、偲ぶ会やお別れ会などがあるのかどうか?京マチ子さんのプロフィールや経歴と一緒に紹介していきます。


京マチ子さんのプロフィール

本名:矢野 元子(やの もとこ)
生年月日:1924年3月25日
出身地:大阪府大阪市港区八幡屋町
血液型:O
星座:おひつじ座

以上が京マチ子さんの簡単なプロフィールになります。


京マチ子さんの経歴

1936年(昭和11年)大阪松竹少女歌劇団(OSSK)に入団します。

大阪松竹少女歌劇団は宝塚歌劇団・松竹歌劇団(SKD)と並ぶ三大少女歌劇のひとつで、1922年(大正11年)4月、松竹楽劇部(前身)として創設された歴史のある劇団です。

京マチ子さんは、娘役スターとして活躍。

1949年(昭和24年)に大映に入社し女優デビューを果たします。

後輩の若尾文子、山本富士子と共に大映の看板女優として大活躍。

160cmと当時としては大柄であり、官能的な肉体美を武器に数々の名作に出演したのが印象深い女優さんですね。

溝口健二監督作品『雨月物語』(1953年)、黒澤明監督作品『羅生門』(1950年)、衣笠貞之助監督作品『地獄門』(1953年)など、ベネチア、カンヌなど海外の名だたる映画祭で主演作が次々と受賞し「グランプリ女優」といわるほどに。

1971年(昭和46年)の大映倒産以降はテレビドラマと舞台に活動の場を移し、『犬神家の一族』などで活躍の幅を広げた。80歳を過ぎても2006年頃まで舞台などで活動を続けておられました。

京マチ子さんの偲ぶ会やお別れ会はいつ?

京マチ子さんの偲ぶ会やお別れ会の日程についても、まだ詳細は公表されていません。

葬儀は5月14日に執り行われました。

偲ぶ会やお別れ会については、だいたい1〜2ヶ月後に執り行われることが多いので早ければ5月の中旬〜6月中になると思われます。

これまで数々の映画やドラマに出演されてきた京マチ子さんですから、ファンの方も多いはず。

偲ぶ会やお別れ会はおこなわれるとは思いますが、親族の方のご意向や京マチ子さんのご意向などもありますので、今後の発表には注目したいですね。


まとめ

京マチ子さんのプロフィールや経歴。お別れ会や偲ぶ会などについて紹介してきました。

リアルタイムでの京マチ子さんを知らなかった世代ですので調べてみて改めて思ったのが、草創期の大女優さんで、素晴らしい役者さんだったんだなと。

さいごに、京マチ子さんのご冥福をお祈りします。

タイトルとURLをコピーしました