加藤浩次の蒲田直也に対しての持論がネット内で賛否両論!忖度が見え隠れする理由


スッキリのメイン司会で、切れ味鋭いトークがいつも話題になる加藤浩次さん。

その加藤浩次さんがここに来て、蒲田直也容疑者への見解がネット内で騒然となっています。

今までにない歯切れの悪い持論にネットでは、

などの意見が飛び交っています。

この記事では、なぜ?加藤さんがここまで浦田直也さんへの援護射撃的な発言をしたのか?このあたりを調べましたので紹介します。


加藤浩次さんのこのひと言が始まり

ことの発端はスッキリの番組内でのひと言が発端です。

 

「被害者が許すなら謹慎いらない」

 

まあ、確かにその通りで正論。

「さすがは加藤浩次だ!」と思っていたましたが、少し違和感がある。

その違和感が、

すでに復帰の話までを引っくるめた持論の部分。

そして、「被害者が許すなら・・・」の部分。

百歩譲って見ても、蒲田直也容疑者の事件は昨日今日のこと。

それを「被害者が許すなら謹慎いらない」と援護射撃どころか、すでに復帰への見解まで話している部分が妙に怖いと思った。

そして、ここまで蒲田容疑者に気を使わないといけない理由って何があるのだろうと。

加藤浩次さんも言ってしまえばいちタレント。

自分の周りの環境や自分への損得で仕事をしないといけない時もあるだろうが、それでは私の知っている加藤浩次さんではない。

しかし、「被害者が許すなら謹慎いらない」。

この理由について、色々と調べた結果、やはりエイベックスとの関係や、相方山本さんのことを考えての持論なのか?

加藤浩次さんが蒲田容疑者に忖度をする理由

↓このツイッター画像を見ると

AAAとして何度もスッキリに出演している関係で、どうやら蒲田容疑者に忖度というよりは、AAAのグールプ全体に対しての気遣いのように思える。

また、AAAの所属事務所は音楽業界大手のエイベックス。

こちらもスッキリには幾度となく出演しているケースから考えれば、AAAを気遣ったというよりは、音楽業界大手のエイベックスに忖度したかなと。

私としては加藤浩次さんのスッキリとする持論が欲しかったですけどね。

加藤浩次より上がいた長嶋一茂の持論

上には上がいるなと思わず唸ってしまった長嶋一茂さんの持論。以下、引用。

一茂は浦田の会見に「飲み過ぎて楽しいことは覚えていて、今までもたくさん飲んでいると思うんだけど、女性に声をかけたことは過去ないって言ってるんでしょ。そこは何で覚えてるの。全くつじつまが合わない会見ですよ何を言ってるんだかよく分からない」と指摘。酒におぼれ、記憶がなくなり、自分をコントロールできないようだったら「飲んじゃダメ」と言い、「皆さまに謝罪とか言ってますけど、皆さまって誰のこと言ってんだか分かんないし、被害者にまず謝罪でしょう」とまずは被害者に謝罪すべきだと強調した。

 さらに「100%アルコール依存なわけですから治療に専念する、まずこっからじゃないですか」とし、活動自粛とか言ってるけど、そんなの当たり前のことで、女性を平手打ちにしてその後追っかけていって足蹴にもしている。許されないでしょ。傷害ではないようですけども、暴行ではあるわけですよ。こんなのどうしようもないですよ。たぶん、警察の調べの中で“俺を知らないのか”って言ったことは、万が一記憶になくって言っちゃったとしても常日頃からそういうことを思ってるってことでしょ。とんでもない勘違いだよね。お前のこと知らないやつたくさんいますよ、はい、以上」と憤っていた。引用:スポニチアネックス

 

 

長嶋一茂は最高だ!

ここまでわかりやすく、ハッキリとモノが言えるのは、ハワイの不動産が順調のおかげだろうか。だとしても、ここまで言える奴は他にはいない。

例の江角マキコ騒動の時も、ドシッとした物言いだった。

個人的には、長嶋一茂さんのこれからの持論や言及について注目していこうと思う。

ネットの反応は?

加藤浩次さんについての評価は「酷評」がほとんどですね。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

 

これだけの酷評は加藤浩次さんにとっては何の心配もいらない程度でしょうね。

さいごに

冒頭の方で書いた「被害者が許すなら・・・」

この持論についてひとこと私の見解を書くと、

一歩間違えば被害者が攻撃されてもおかしくない発言だなと。

解釈によっては「被害者女性が許せばすべて終わり」「だから早く許してやれよ」のような考えが蔓延してもおかしくない発言かなと。

ちょっと怖いなと思った次第です。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました